トピック

町文化館指定管理議案否決の考察

3月定例議会最終日の20日に本会議で否決された町文化館の指定管理者議案を私なりに考察してみました。

文化館など公共施設は町直営で管理するか、指定管理者が管理するようになっています。

当該議案の内容は、これまで、全額を町が出資して設立した「㈶まちづくりセンターいいじま」が、指定管理者として文化館の管理を行ってきましたが、2月に活動休止を決定したことに伴い、新たな指定管理者として「NPO法人アクターズゼミナール伊那塾」を指定しようとするものでした。

私おりやま誠は、賛成の立場でした。本会議では反対7・賛成3で否決されました。

文化館の利用に関する経緯を少し述べます。

以前は、文化館に中央公民館を置き、4地区に分館をおいて生涯学習活動を行ってきました。しかしながら年を追うごとに少子高齢化人口減少に拍車がかかり、高齢者の集まりにくい中央を拠点とすることより、分館を独立した公民館として位置づけ、町に生涯学習センターを置き各地区公民館を支援していくこととなりました。

そして全地区には町費で支援員を配置し、その結果、地区ごとの特色ある活動が充実してきたように思われます。高齢者が公民館活動に参加しやすい環境が整備されたように思います。

しかしながら、一方で 中央公民館を廃止した影響で文化館の利用が減少する要因となりました。加えて最も大きな利用減の要因は人口減少かと思います。

さて、こうした文化館利用者の減少を生涯学習の後退と受け止め、教育委員会の消極的なかかわり方の責任と感じる議員がいました。今回の指定管理議案は、これまでの指定管理者による管理の結果を総括することなく、新たな管理者に委ねようとする姿勢を強く批判する議員が多く、こうした考えにも一理があると思います。

つまり、生涯学習のあり方を、新たな管理者指定に反対し、これを契機に町民を巻き込んで生涯学習のありかたを見直そうと考える議員です。

一方、私他賛成議員は、今回の議案は貸し館を中心とした文化館業務の管理者を指定するものであり、生涯学習のあり方は別途議論すべきとする議員です。

また、新たな管理者候補は提案の中で、これまでの管理体制1名を増員し常時2名体制プラス館長1名が非常勤で随時在籍するという、これまでの体制を強化する提案をしています。

そして、町民集いの場とすべく、館内に軽食喫茶ルームを設けられないかなど民間感覚の提案をしています。

私たち賛成議員は、人が集まればそこに生涯学習を展開する対象も拡大すると提案を評価しました。

 

指定管理議案が否決された一方で予算案は可決されたため、予算と執行のねじれが生じました。そこで臨時議会を開催し、直営とする予算に組み替える補正予算を全議員一致で可決しました。

今後、1年かけて、生涯学習のありかたを議論することになるかと思います。

町民の皆様には、議会が議案否決したとのマスコミ報道で心配されていることと思いますが、生涯学習の推進に影響が出ないように力をつくしてまいりますので、推移を見守っていただくとともに、町の生涯学習のありようを共に考えていただけますようにお願いいたします。

4/6 おりやま誠

 

 

公開日2019/04/06・更新日2019/04/07
おりやま誠

休日議会を行います

飯島町議会では、議員なりて不足解消などを目的として夜間休日議会の実施を本年度当初から検討してまいりました。この間、喬木村議会の先進地視察など研究をすすめてまいりましたが、昨日議会運営委員会を開催し、試行的に3月定例会の会期中に予算審議を行うこととしました。

日時と場所

3月17日14時から議場において予算特別委員会を開催いたします。

 

多くの皆様の傍聴をお願いいたします。

これを機会に町民の皆様の議会に対する関心が深まり、議員なりて不足解消につながればと思います。

2019年2月22日 おりやま誠

公開日2019/02/22
おりやま誠

人の役に立ちたい。 飯島町の中学生

飯島町教育委員と議会社会文教委員会の教育行政懇談会を10月31日に行いました。

互いに教育課題を出し合い、意見を交換しました。

私は、全国平均で6人に1人が貧困世帯だと言われる義務教育児童生徒の実態から、町内の実情と町独自の支援策について課題提起しました。

教育委員からは、町内では10人に1人の貧困世帯児童がいること、財政支援とは別に、経済的理由から塾などに通えない子どもを対象とした放課後塾などの取り組みの報告がありました。また塾指導員の確保が大きな課題となっている実情も伺いました。

また、中学生を対象としたアンケートから、飯島中学生は、数学の好きな子供が県や全国平均より高い傾向にあること、また、「先生が生徒の気持ちに寄り添ってくれていると感じる」・「人の役にたつ人間になりたいと思う」の設問にはとびぬけて高い回答結果が報告され、人間教育や当町の先生方の指導の在り方が素晴らしいことをあらためて感じられ大変うれしく思いました。

 

すべての子どもたちが、貧困など世帯の環境に左右されず、のびのびと学習できる環境づくりに町議員として取り組む決意を新たにしました。

 2018.11.3 おりやま 誠

 

公開日2018/11/03
おりやま誠

行政と福祉台帳の情報共有で充実した地域福祉を 民生児童委員と懇談会

議会社会文教委員会では、10月19日民生児童委員と地域福祉に関する懇談しました。

3分科会で私は、1班の座長としてワークショップ形式で進行しました。

分科会では自己紹介を兼ねて、それぞれの活動で困ったことや成果のあったことなどを報告してもらい、合わせて活動をより充実させるために町や議会に望むことなどを伺いました。

私から民生委員の皆さんには、「年を重ねても、望む方には最後まで在宅で暮らせる町づくりをのため、どのような環境づくりが必要か」活動している中で思い当たることを伺いたく投げかけました。

買い物・医療・介護環境の充実などの声を寄せていただきましたが、多くの方から民生委員の有する福祉台帳を行政や自治会長と情報共有して状況に対応したタイムリーな支援が重要との声をいただきました。

個人情報保護の厚い壁があるものの、直接関係する機関での情報共有は何とかすすめたいと感じました。

おりや 誠

公開日2018/11/01
おりやま誠

住民懇談会がありました。

町議会では、10月12日 昼と夜の部に分けて全議員と住民懇談会を開催しました。

議会が地域へ出向くということで、今回は七久保地区の新田自治会・田切地区の北河原自治会へ出向き主に少子高齢化に伴うこれからのまちづくりなどをテーマに意見交換しました。

私は一つの分科会座長としてワークショップ形式で進行しました。

詳細は、町議会HPをごらんください。

その中で、移住してこられたある人の発言が印象に残り書き留めました。

人口減少対策として、町は様々な魅力を発信しているが、近年の全国各地の災害状況をみていると飯島町は二っつのアルプスのおかげで、台風などの被害が比較的軽微で、災害に強い町だと思う。東海沖地震など油断はできないものの災害に強いということは、町の大きな魅力であり、情報発信すべきでは。

というものでした。町の魅力というと、自然資源・観光振興・企業誘致などに力を入れがちですが、安全安心な町づくりも大きな魅力の一つと再認識させられました。

  移住者の視点 いつも新鮮に感じます。  おりやま 誠

 

公開日2018/11/01
おりやま誠

千人塚公園拠点施設竣工

総工費約9千万円 トイレ・シャワールーム・炊事場・管理室・給湯室・待合休憩室が完備され、オートキャンプなどアウトドアの拠点施設として機能が充実しています。中アを仰ぎ見て、南アを遠望する景観はこの地ならではと思います。夜には満天の星空の下、これからの夢に思いを巡らせてはいかがでしょう。

多くの皆様の御来園をお待ちしております。

2018年4月21日(土) おりやま誠

テープカット

この日は山がきれい

おごそかな式典も

公開日2018/04/21
おりやま誠

移動購買車の視察をしてきました(社会文教委員研修)

阿南町新野 道の駅信州新野千石平㈱藏

移動購買車運営事業の取り組み

昨年は移動購買車両の構造を見てきましたが、今回は私が社会文教委員の皆さんにお願いし、運営の状況を金田社長から伺ってきました。

27.02.08

1.視察研修の動機

当町では、重点道の駅「田切の里」が移動購買事業を始めたが、顧客確保の課題や従業員の退職などにより現在休業状態となっています。

当町は、近隣自治体の中でも高齢化率が高く、今後ますます需要が高まるであろう移動購買車運行は、高齢者障がい者の在宅支援の観点からも欠かすことのできない事業です。

そこで、当委員会では、福祉の視点で事業先進地の阿南町の民間事業者を訪ね、運営状況と行政のかかわり方を研修してきました。

 

2.視察先(対応者)

阿南町新野 ㈱藏 社長 金田三千男氏

 

3.事業を取り巻く環境

阿南町の人口 4,884人 世帯数 2,117世帯

標高315m~1664mに56の集落が点在。

高齢化率は、町平均で41% 4地区で最も高い地区は51% 低い地区でも35%と高齢化の進んだ町です。

 

4.事業をはじめたきっかけ

もともと公共交通網が乏しく高齢化による買い物弱が多いことから、スーパーを経営する金田社長は移動購買車の必要性を感じていたそうです。

そこに、阿智高校に通う女子高校生から、卒業後に移動購買車事業に携わりたいとの申し出があり、彼女の卒業をまって事業をはじめました。

 

5.設備と方法

軽トラックを改装した車で、経営するスーパーで仕込んだ商品を積み込み、戸別訪問販売。助手席にはレジを置くため、従業者は1人1台担当。

経験と交流を重ねる中で、どこの家ではそろそろ何が不足しているか予測しながらの販売が行えるようになりました。

運行は、商品選別積み込み後A10:30発~P4:00頃まで。その後商品の整理と精算を行います。

1日の訪問件数は場所により異なりますが、20~40戸、10月の売上表から一戸当たり2千円以下の販売額と思われます。

売れ筋商品は、総菜など調理不要の商品。

扱いの難しい商品は、消費期限の短いもの。刺身など。

従業員の給与等 18万円ほどだそうです。

 

6.販路の拡大

はじめは、全戸を訪問し、週一の定期訪問を申し出て、断られない限り定期訪問を続けます。

現在県内では、阿南町、泰阜村・売木村・天竜村に加え、愛知県にも入っています。

 

7.経営の方針と状況

戸別訪問・一人ひとりとの会話を大切にしている。お年寄りと従業員は、家族のような関係を構築しています。

戸別訪問により、安否の確認も兼ねています。

※エピソード  ある日買い物をした高齢者が家に入る時に転んでけがをした。『あの時に手を引いて家までお連れすればよかった。』そう担当者は反省し、ずいぶん落ち込んでいたそうです。

社長は、そのような思いで一人ひとりと接する姿勢が大切と、従業員を評価していました。

経営状況は、商品の利益率は2割。1日1台6万円の販売が採算ラインで、現在150万円ほどの赤字。

顧客からは、生きていけなくなるから事業をやめないでほしいとの要望が強く、人情的にも経営が苦しくても継続をしなければならないと考えているそうです。

 

8.社長が、我々議会や行政に望むこと

近年、地方創生や少子高齢化により、国や大学では移動購買事業に着目しており、国土交通省や大学への講演依頼が増えています。

中山間地の移動購買事業を収益としてとらえることは困難であり、高齢者障がい者などの在宅支援や安否確認など福祉の視点、また、訪問時に、肥料や野菜苗を配達することで高齢者世帯が管理する農地の保全など農政の視点からも行政の補助制度があってよいと思われます。訪問1戸一回何円の補助制度創設が理想と思います。そのような制度創設に向けて講演活動に取り組むし、是非議会でもそのような取り組みを願います。

 

9.その他 道の駅の運営についてもお聞きしてました。

協力会員700名 会費年間1000円 会員割引制度創設。県を越えてのイベント参加により、町や特産品の情報発信に努め、ほぼ毎月のイベントを企画し、イベント年間カレンダーを作成配布するなど、その経営手腕は抜きんでています。

また、目先の利益ではなく、人や地域を大切に思う心を事業の基本に据えており、そのことで関係構築が深まり・広まり、そして収益に結びついていることを感じてきました。

当町の移動購買事業、道の駅事業に大いに参考になるものと思いました。

 

公開日2017/02/12
おりやま誠

議会広報委員会研修

コンセント社員による研修

コンセント社員による研修

議会広報編集委員会は、7月13日メディア関係の第一線で活躍する㈱コンセント(大手てデザイン会社 社員175名)講師3名による広報編集デザインにかかる研修会を開催しました。

昨年は、上京し、これまでの議会広報に対するアドバイスを受けましたが、本年度は出張していただき、昨年の指摘事項を中心に現議会広報を評価していただきました。

昨年の研修では、メディア最先端の考え方に驚きながらも、即実践し大幅な紙面の更新を行ったことに講師陣も大変驚かれ、その実行力を高く評価いただきました。(多くの団体は、できない理由を挙げて実践しないことが多いとのことです)

本年は、2年任期の議会広報編集委員会でどこまでのレベルを目指すべきかという課題に向き合いました。

町民に読んでもらえる、興味をもってもらえる紙面づくりに多くのヒントを得られました。

研修会終了後、飯島町を肌で感じてもらえるようにと、千人塚公園、山荘明林館で交流会をし、翌日は鶯の声で目がさめたと大変喜ばれました。

大手の会社のCMや有名雑誌の紙面を請け負い、まさにメディア競争社会の一線で活躍する講師の皆さんの感性に多くを学ぶことができた研修会でもありました。また、彼らにも飯島の空気や自然のファンになっていただけました。

DSC_0029 講師と編集委員

バーベキューで親睦をはかりながらテーマを掘り下げて夜遅くまでディスカッションしました。(カメラは私)

公開日2016/07/27
おりやま誠

私の生まれ故郷阿智村へ議会委員会の視察研修に行ってまいりました。

私の所属する町議会社会文教委員会では、1月21日~22日かけて下伊那へ視察研修を行いました。 私は、議員に立候補した折の信条でもありますが、高齢化が顕著な当町にあって独居老人世帯や高齢者のみ世帯は年々増加しており、一人でも多くの高齢者が、一日でも長く在宅で過ごせるまちづくりを進めたいと考えております。 そこで、当委員会では在宅福祉・医療の先進地であります、阿智村と泰阜村に学ぶため、二日間の研修を行いました。 21日は阿智村社会福祉協議会を訪問し、運営の現状や課題を伺ってまいりました。 阿智村社会福祉協議会では、特別養護老人ホームの運営など施設介護の他、多くの訪問介護やデイサービスなど在宅支援も幅広く行っています。村民は、充実した制度を背景に、多くの選択肢の中からサービスを受けられています。 一方で、介護保険制度の改定により、報酬の切り下げなど運営面では厳しい現実に直面していました。さらに、充実した介護施設や制度で利用者や利用量は多く、長野県では松本市についで介護保険料が2番目に高額だそうです。また、全国的な課題ですが、介護職員の確保に苦慮しているそうです。そこで、常に体制を見直し、職員の資格取得支援に力を注ぐなど経営改善のための研究努力を重ねていることを学んできました。 社協研修後は、岡庭前村長と懇談し、村長の政治姿勢の核となっている下伊那テーゼ(机上では無く、現場や実践の中で学び高める)の精神による地方自治のあり方について、また星空観察で観光客を飛躍的に増やした観光振興の現状についても学ばせていただきました。 22日は、村満蒙開拓記念館と長岳寺襖絵を見学し、泰阜村に移動しました。 泰阜村では、松島村長から全国的に名高い、在宅医療看護介護について学ばせていただきました。 松島村長は、人は必ず死を迎えるし、医療には限界があるということで、村では保健補導員を置かないし、予防事業には力を入れていないというお話を伺いました。極論ではありますが、村の現状から納得する部分も多く伺いました。 また、村長の目指す究極の地方自治は、貧しくとも、楽しく、いかに自立して村を運営してゆけるかであると語られ、とかく財政的なことや、人口増に重きを置きがちな我々の意識に一石を投じられた気がいたしました。 もう一か所、新野の千石平道の駅にお邪魔し、㈱蔵が運営する移動購買車を見学してきました。 当町では、過日800万円の補正予算で移動購買車を購入しましたが、ここでは、20代の女性が1人で軽自動車を運転し村内や隣接自治体を巡回しているそうです。 わが町の移動購買車運営にあたり学ばねばならないことが多いと感じました。 運営に尽力している社長が海外で、不在のため、日を改めて運営内容の実情を伺いに参りたいと思います。

阿智村社協

阿智村社協

泰阜村

泰阜村

村々を巡回する軽の移動購買車

村々を巡回する軽の移動購買車

宿泊は、同僚議員の皆様のご厚意で、私の中学高校の同級生が経営する、「万葉茶寮みさか荘」へ宿泊し、店主ご夫妻のあたたかなおもてなしをうけることができました。 阿智村社会福祉協議会 櫻井会長様、阿智村 岡庭前村長様、泰阜村 松島村長様 大変お世話になりました。学ばせていただきましたことを飯島町議会・議員活動に生かしてまいります。   おりやま

公開日2016/02/14・更新日2018/07/10
おりやま誠

介護施設へ獅子舞の慰問

私の地元、新田自治会の近くにある介護施設から自治会獅子舞の慰問要請がありましたので、保存会の有志で行ってまいりました。まだまだ未熟なお囃子や獅子舞でしたが皆さんに大変喜んでいただけました。

お囃子・獅子舞終了後、ご利用者お一人お一人の無病息災を願って、頭など体の一部を獅子が噛んで回りました。この一年間きっと元気でお過ごしのことと思います。

また、呼んでください。

1月16日 おりやま

無病息災を願って

無病息災を願って

公開日2016/02/14
おりやま誠

町議会議員 おりやま誠(まこと)

折山誠 おりやま誠の公式ホームページへおこしいただきありがとうございます。
このホームページは、飯島町町議会議員”おりやま誠”の議員活動の公表はもとより、飯島町の魅力を情報発信し、時には抱える悩みもお伝えしてまいりたいと思います

ごあいさつ

折山議員へ、メールする。

最近の投稿

カテゴリ

相互リンク

サイト内検索

メンバー