トピック

町村議会改革シンポジウム長野inみやだ に出席

宮田村議会が主催し、飯綱町議会・軽井沢町議会が共催し、県内の23町村議会が参加して10/7に開催されました。

第1部は 「今後の町村議会のあり方」と題して、地方議会総合研究所 広瀬和彦代表による講演会。議員報酬額の考え方を中心として議員なりて不足解消などを学びました。

第2部は 35の分科会で、事前アンケートに基づく「議員なりて不足対策」「議会の広報広聴活動」をテーマに情報交換を行いました。

それぞれの議会の実情に基づく悩みや対応を伺い、一つの課題に一つの答えでは対策できないことを痛感できた良い研修会でした。

 

2019/10/7 おりやま誠

公開日2019/10/08
おりやま誠

伊南議会議員研修に参加

伊南議会議員研修に行ってきました。

10/1 午前中は佐久広域連合の運営する佐久平葬祭場を視察しました。

11市町村により構成され、人口20万6千人の大きな連合体です。

ここでは、主に施設の特徴・管理運営・予約システム・運営コスト・市町村の費用負担方法などを学んできました。

24時間受付システムとペットの火葬も併設しており、住民の福利向上につながっていました。

 

10/1午後

昭和伊南総合病院建て替えを構想している伊南議会として、その参考とすべく群馬県藤岡市公立藤岡総合病院を視察しました。

事業者は藤岡市ほか2市1町1村で構成する多野藤岡医療事務市町村組合で、昭和26年に病院建設をして以降、今日まで増改築を繰り返している。6Haほどの広大な敷地に延べ34000㎡・27の診療科を有する規模の病院でした。

増改築を繰り返したため、外来の来院者の駐車場から受付までの動線が課題という実態を伺った。

また徹底したセキュリティーゾーンの現場を体験しました。

医師の数は多いものの、研修医制度の変革により群馬大から大都市の病院を希望する研修医が増え、医師確保に苦慮している現状は地方病院の共通した課題だと改めて感じました。

 

10/2 午前

国体の ホッケーメイン会場候補地の駒ケ根市とサブ会場候補地の飯島町として大井ふ頭中央海浜公園のホッケー競技場を視察し、引き続き銀座のふるさと回帰センターで理事長からセンターを通じて地方へ移住をしている人の状況を伺ってきました。人口減少対策として移住者を増やそうとしている自治体は、その自治体の魅力を繰り返しプレゼンする機会を持つことで大きな成果を上げている自治体の成果などを伺ってきました。

葬祭・病院・人口減少対策としての移住政策など多くを学ぶ研修となりました。

 

2019/10/2 おりやま誠

 

 

公開日2019/10/08
おりやま誠

9月定例会の私の一般質問概要  

一般質問2日目2019/9/10本定例会の一般質問を通告に従って行いました。

概要は以下の通りです。議事録は町議会HPをどうぞ。

 

質問項目1

除雪機購入補助制度 自治会未加入者も対象に 

問 現補助制度は、区・自治会を補助の対象に限定している。
自治会未加入者が生活道路除雪のため、機械購入をする場合、窓口として自治会の理解が得られなければ補助を受けられない。
未加入者も補助の適用を受けられる制度にすべきでは。
建設水道課長 区・自治会では、機械除雪のオペレーター確保に苦慮している。そうした中では、未加入者であっても協働除雪の貴重な人材として考えなければならない。
担い手確保の観点から、制度の充実を検討したい。

問 今定例会に除雪機購入補助金の補正予算が上程されている。厳しい日程だが、議決後は、消費税引き上げ前の購入に向け、速やかな申請手続きを促し、交付決定をし、自治会等の財政負担を軽減する努力を求めるが。
建設水道課長 検討させていただく。

 

学校給食センター 建設を問う 

問 議会社会文教委員会では、過日中川村中学校を訪問し、給食センターに併設されたランチルームを視察した。全校生徒が一堂に会して食事をし、栄養士などによる充実した食育が行われている現場を、うらやましく学んできた。
センター機能は、町民や議会の要望を検討する柔軟性を有するか。あるいは財政的理由などで、すでに固まっているか。
教育長 現在、建設委員会と庁内のプロジェクト会議が並行して進んでいる。前者では食育にかかわる機能付加の意見も出ている。後者では財源など町の事情を主に検討している。
建設委員会案に対する財源検討も必要であり、両者の検討があまり乖離しないように留意して進める必要を感じている。
町長 財政的に徐々に絞り込まれるであろうが、今は高齢者に食や生徒との交流を提供できる場の確保など、検討段階では柔軟性を持ちたい。

生涯学習センター機能の充実を問う

問 この3月、文化館指定管理議案審議過程で、多くの議員から職員配置を含め生涯学習センター機能を文化館に移転し、充実すべきとの意見が出された。どのように受け止め、検討されているのか。
教育長 文化館の活性化に向けた将来ビジョンとして、社会教育委員会議に諮問しており、現在活発な議論が行われている。その答申を待って教育委員会としての考え方をまとめて行きたい。
以上3件質問をしました。

特に最初の質問の意図は次のとおりです。

多くの自治体で、移住者が地域自治に参加せず、除雪除草河川管理ゴミ捨ての協働作業や自治会負担金などに関して住民間の軋轢が生じ、大きな課題となっています。

私は、移住者をできるだけ住民が支え、時間をかけて互いの理解を深め合い、穏やかに少しずつ自治会加入へつなげていくような地域社会を目指したいと考えます。自治会加入の強制や助け合いの排除により、対立の構図を益々強めてしまうことを心配します。

せっかく自然豊かで穏やかに時の流れるこの町に生活しているのですから、ギクシャクした人間関係は避けたいですね。

2019/9/10 おりやま誠

公開日2019/10/08
おりやま誠

いいちゃんネットワーク(女性団体+個人男性)議会懇談会

毎年行っている懇談会です。

ネットワークは、町の各種婦人団体役員が主体の組織で、多くのまちづくり事業などを行っています。

このあと5つの分科会に分かれて意見交換

議員との懇談会は、参加者から様々な町の課題を提起しあい、みんなで考える。結論の出ない課題は議員の一般質問等をつうじて町に働きかけるというものです。

9/4開催の今回も、街中のスーパー撤退騒動、高齢化・人口減少に伴う地域自治力の低下など多くの課題が出されました。

2019/9/5 おりやま誠

 

公開日2019/09/05
おりやま誠

9月定例会 一般質問を通告しました

朝夕はめっきり涼しくなり、秋の気配を感じます。

さて本日、一般質問を下記のとおり通告してまいりました。

(項目と質問要旨)

1.除雪機購入補助制度を問う

1自治会未加入者が、町道除雪をするための補助制度適用を問う

2.学校給食センター建設を問う

2-1 本年度事業の進捗状況は

2-2 本年度概算設計完成に向けた今後の進め方は。

2-3 調理・提供以外の機能付加の構想・計画は。

2-4 町民・学校関係者などからの要望があれば検討など、柔軟性を有するか。

3.生涯学習センター機能の充実を問う

3-1 文化館指定管理議案審議経過の中で、多くの議員から職員配置を含め生涯学習センター機能を文化館に移転し、充実すべきとの意見が出された。どのように受け止め、検討されているのか。

3-2 職員体制の充実が求められる。少子高齢化と人口減少・財政規模の縮小などの現実を見据えた中で、施設運営を含めた生涯学習充実に向けた今後のありようをどのように考えるか。町長・教育長の考えを問う。

以上

私の質問は、9月10日(火)11時頃(前の質問者により多少前後します)からです。

多くの皆様の傍聴、ケーブルテレビ中継をご覧いただきたくご案内します。

また、9月16日(月 敬老の日)午後は休日議会を開催し、主に前年度決算審査を特別委員会で行います。

多くの皆様に傍聴いただけますようにお願いします。

2019/8/27 おりやま誠

公開日2019/08/27
おりやま誠

中部伊那町村議会協議会議員研修8/26

飯島町・松川町・中川村・大鹿村の上伊那下伊那の群境を構成する4町村の議会議員が松川町中央公民館に会し、それぞれ持ち寄った研究課題を討議し、県知事要望として決定しました。

飯島町からは

「中部伊那地域への県立大学設置について」 久保島議員

「中部伊那をバイオマス資源活用のモデル地域にすることについて」 浜田議員

それぞれ発表し、全員一致で採択されました。

また、「あるべき議会、未来の議会について考える」と題して 長野県町村議会議長会副参事 宮嵜康史氏の講演で学びました。

議員のなり手不足など今日多くの議会が有する課題を質疑をとおして講師との意見交換も活発に行われました。

2019/8/27 おりやま誠

 

 

公開日2019/08/27
おりやま誠

県町村議員研修(於 下諏訪町)に参加しました

二つの講演がありました。

「町村議員のありかたと定数・報酬をめぐる論点」と題して牛山久仁彦 明治大学教授の講演からは、大都市の議員と異なり、低報酬と議員のなりて不足という課題を有しながらも、有権者と極めて身近な関係を構築している町村議員ならではの議員活動が大切だと学びました。

 

「条例の読み方・政策条例の考え方」と題して、提中//だいなか//富和 滋賀大学客員教授の講演からは、町村議員は例えば現行の法律では住民の利益向上に沿えない場合は、政策条例を立法し(議員発議し)、町民益にそった政策に行政を誘導すべきという発想を学びました。

復路は物凄い雨でしたが、飯島町まで来たら道路が渇いていました。天候は場所で大きく異なりますが、自治体の財政力で生じる政策の大きなかたよりは注意しなければなりませんね。

2019.7.29 おりやま 誠

公開日2019/07/29
おりやま誠

第27回飯島町「ふれあい広場」 検討がはじまりました

「ふれあい広場」の企画委員会出席しました。

企画委員会委員長兼実行委員長に私が、副委員長に民生児童委員の田島房代氏がそれぞれ互選されました。

日時は9月8日(日)午前10時~午後3時に決定

主催 飯島町社会福祉協議会 後援 飯島町・議会・教育委員会 CEK他

内容 ふれあいステージ・チャリティーバザー・核種コーナーを設けて、子供から高齢者・障がい者の皆様も楽しめる企画です。

蕎麦の会も出店しますよ。

地域の皆さんがともに楽しみ、ふれあいを深め、愛のネットワークが広がりますように!

2019.7.19   おりやま 誠

公開日2019/07/19
おりやま誠

7月定例議会全員協議会の報告

会議冒頭に、この11月に1期目の任期が満了する下平町長から、後援会と協議した結果2期目に出馬することを決定したことの挨拶がありました。

飯島町からの報告 飯島町・中川村・松川町・高森町は「国道153号伊那バレー・リニア北バイパス改良促進期成同盟会」を立ち上げることを決定したことの報告がありました。  1人の議員から、リニアに対する賛否の考えがあり、生活道路の改良としてリニアの名称は外すべきではとの意見がありましたが、町長からは、国に向けて改良箇所が明確になる名称としたとの答弁がありました。

議会協議では、議会運営委員会が検討している「議会基本条例」第2章の見直し案が報告され、一部改正することの了解がなされました。

2019.7.18 おりやま 誠

 

公開日2019/07/18
おりやま誠

戦傷病没者追悼式に出席

飯島町戦傷病没者追悼式に出席しました。私は主催した飯島町社会福祉協議会の副会長として開会のあいさつを行いました。

開会では次のことを申しました。//戦傷病者・戦没者の御霊に思いを寄せ、恒久平和への願いを込めまして、ただいまから飯島町戦傷病没者追悼式を開会いたします。//

式中主催者あいさつ・来賓の式辞など毎年の行事でしたが、本年は特に主催者あいさつをされた箕浦社会福祉会会長の言葉に胸を撃うたれながらお聞きしていました。

年々ご遺族も高齢化になり、出席者が少なくなる慰霊祭ですが、できれば戦争の悲惨さを次代に語り継ぐ場として大切にしなければ感じました。

参議院選挙真っただ中の今日、老後のたくわえが2000万円無ければ云々という与野党の議論がなされていますが、命をかけて日本や家族を思い浮かべながら空に・陸に・海に散った諸霊はどのようにご覧になっているのでしょうか。

いつの間にか、前期高齢者になった私は、残りの人生を英霊となった皆様に恥ずかしくない生き方を続けてまいります。そのような決意をご霊前に誓いました。

あなた方の命で今の私たちが生かされています。合掌

2019/7/10 おりやま誠

公開日2019/07/10
おりやま誠

町議会議員 おりやま誠(まこと)

折山誠 おりやま誠の公式ホームページへおこしいただきありがとうございます。
このホームページは、飯島町町議会議員”おりやま誠”の議員活動の公表はもとより、飯島町の魅力を情報発信し、時には抱える悩みもお伝えしてまいりたいと思います

ごあいさつ

折山議員へ、メールする。

最近の投稿

カテゴリ

相互リンク

サイト内検索

メンバー

Login form protected by Login LockDown.