トピック

町長選挙 町議会議員補欠選挙 が終わりました

おりやま誠です。

11月15日投票の選挙が終わりました。

民間感覚の町政経営をアピールした下平洋一さんが、国県とのパイプを軸に安定した行政運営をアピールした北沢正文さんを破り、町長に発当選されました。

選挙戦では互いに正々堂々町づくりの目標や手法を主張されました。13年ぶりに選挙でリーダーを選ぶ機会を我々に与えていただいたお二人に感謝の気持ちでいっぱいです。戦いは終わり、この後は町の未来に力を合わせていただけるように期待をいたします。

下平氏は公約に掲げた大きな目標を実現する具体的な道筋を示さなければ単なる夢に終わってしまうため、これから厳しい道のりを進んでいかなければなりません。同時に町民も議会も自分たちが選んだリーダーですから、町の発展のために全力で力を合わせ、協力すべきをしていかなければならないと、改めて私自身自らを戒めております。

また、町議選は女性候補の滝本とき子さんが浜口氏を破り当選されました。主婦目線の地道な政策が町民の支持を得られました。この結果町の女性議員は5人となり、教育委員長や農業委員会長などの要職を女性が務める当町の女性参画社会がさらに前進いたしました。

明るい未来にむけた大きな変革の一歩となるように願うものです。

公開日2015/11/18
おりやま誠

JR飯島駅前 ”町の駅いいちゃん”オープン

飯島駅前活性化、町づくり拠点、情報発信拠点、町民交流拠点、観光客物販拠点等など、多くの期待を寄せられる町の駅いいちゃんが10月30日オープンしました。

 

町の駅オープニングセレモニー

町の駅オープニングセレモニー

引き続き、駅前光のファンタジー イルミネーションの点灯式が行われました。

イルミネーションは、今後有志によりさらに規模拡大をし、3月まで点灯する計画です。

町の活性化の起爆剤となりますように!  10月30日 折山

イルミネーション点灯

イルミネーション点灯

公開日2015/10/30
おりやま誠

議会全員協議会で後期基本計画素案説明を受ける

11月30日 議会全員協議会が開催され、平成28年度から5年間を展望する飯島町第5次総合計画後期基本計画の素案説明がありました。

11月末をもって3期12年となり任期をもって退任を表明している現高坂宗昭町長の後任町長の政策にも大きな影響力を持つ後期計画。飯島町の未来を切り開く大切な計画であり、私も一般質問をつうじてこれまで求めてきた政策について、主に次の内容を確認いたしました。

1.友好都市、災害時応援協定締結市との交流の交流促進を、施策のとして具体的な都市名を掲げて町民とともに発展させるべきでは。

2.人口減少と共に経営の厳しくなっている上水道の健全経営のために、慢性的な水不足に悩む隣接中川村との事業統合を具体的な市町村名を記して施策として掲げるべきでは。

3.農業集落排水事業は、小規模であり、施設の老朽化が進むと町の財政を圧迫する大きな要因となる。公共下水道へのつなぎこみを後期計画に位置付け、研究検討を開始すべきでは。

その他、誤解を招きそうな表記についての指摘を行いました。

全体として、全方位の施策の体系であり、時代や住民ニーズに対応して町政運営の行える計画になっているものと思う一方で、ここを犠牲にしても、これはやり遂げるという明確なまちづくりビジョンの方向性は見えにくいのかな。と感じました。

町政批判より、協力。

住民総意で完成する後期計画には、議員としても個人として全力を挙げて協働する決意です。

10.30 折山

 

公開日2015/10/30
おりやま誠

地方議員は、民主主義の砦としての自覚と自負を持て

平成27年度長野県町村議会議長会 議員研修会がありました。 2715.7.23

 

講師に質問する聴講者

講師に質問する聴講者

本日キッセイ文化ホール(松本市)において、長野県町村議長会主催の議員研修が開催され、当議会でも全議員及び議会事務局長が参加しました。研修内容は、「地方創生の展望と議会の役割」と題して、毎日新聞論説委員委員 人(ひと)羅(ら) 格(ただし) 氏 及び 「地方議会の機能と改革-これからの立法部」と題して、明治大学名誉教授 中邨(なかむら) 晃(あきら) 氏 の講演でした。

人羅氏は、

人口推移グラフはジュットコースターのような線形で人口が急降下するが、それをスライダーくらいの穏やかな減少線形に努力すべき。総合戦略で問われるのは、国の交付金は有効に活用すべきだが、交付金依存から脱却した取り組みも必要。住民目線の地方創生戦略について、議会と首長との協議求められる。

村には強い自治がある。長野県には全国の村の1/3の数の村がある。これが強みになる時がくる。

2025年高齢化問題は地方より東京圏域の課題。高齢者介護の要員として求められ、少ない地方の若者が都市に流出することが心配。

などと語られました。

また、中邨氏は、

1.マスコミは、不祥事を報道するが、議員の真摯な活動は報道しない。したがって、議会議員の必要性や重要性が社会に伝わっていない。マスコミ情報は、受け手が記事を鵜呑みにせず、真実を見抜く力を磨くことが大切。

2.日本がアジアではじめての地方議会制度を創設した。地方議員には民主主義の砦としての自信と誇りをもって欲しい。

3.多くの地方議会が、議会報告会・反問権導入・議事録公開・議会基本条例制定・議員報酬削減・議員定数の削減など議会改革を進めてきたが、住民の議会に対する関心は高まらない。関心が薄い理由は、二元制でありながら、首長の力が圧倒的に強いこと、議案が成案になる前に行われている議会とのすり合わせ作業が本会議からは住民に伝わらないことが主な理由。(住民には首長に比較し、議会が軽く見える)

4.住民は、議員報酬を引き下げればもっと下げろという。定数削減や報酬引き下げは住民理解を得る解決につながらない。弊害としては議員報酬を引き下げてきたことで、若者が立候補できない環境が醸成され、議員の高齢化が進んでいる。報酬の是正が必要。

5.国民の権利である陳情と請願は表現が悪い。古い時代の「お上への訴状」を連想させる。名称変更はできる。

6.これからの議会人は族議員化すべき。汚職ではなく、専門性をもつということ。 議員は行政に引けをとらない専門性を身につけ、町長と対峙すべき。住民からは緊張感が写る。また、外部志向の強い議員、ICTを駆使する議員、昔を振り返らない議員。が時代から求められる。

と、表(建前論)から裏(本音)の部分に取り組みを転換すべきと巧みな話術で語られました。

心につきささるものが多い講演会でした。

公開日2015/07/23
おりやま誠

伊南市町村議会議員研修がありました

7月17日午後、宮田村において伊南市町村議会議員並びに市町村理事者が一堂に会しての研修交流会がありました。

研修会では、宮田村にある株式会社ティービーエム代表取締役社長の山田益氏の講演がありました。

中小企業ながら、原子量発電施設の各種タービンブレードを製作するなど卓越した技術を駆使して成長を続ける企業です。氏の幅広い人脈をつうじて、いかにして企業が成長していくか、失敗を恐れない、失敗の中に成長のカギがあるなどの講演でした。

講演会

講演会

その後、村内の各種施設の視察を行いました。

村営の子育て支援センター「うめっこランド」と民営の介護・商業の複合施設「オヒサマの森」

うめっこランド広々とした庭

うめっこランド広々とした庭

特に「オヒサマの森」を経営する、大石ひとみ氏のバイタリティーあるお話に感動しました。

多目的広場で説明する大石氏

多目的広場で説明する大石氏

宅養老所・飲食店・配食店・雑貨・接骨院・コインランドリー・多目的トイレなどが集合した施設で、起業支援をはじめとするまちづくり拠点としての役割をになっているように思いました。

本棚の裏は物入れに

本棚の裏は物入れに

当町のまちづくりにも大いに参考となるのもでした。

7月20日

 

公開日2015/07/20
おりやま誠

道の駅 田切の里 起工式

そば道場ななくぼ建設のため、昨年夏からご無沙汰していました。

おかげさまで、店の運営もすこしずつ軌道にのりまして、ようやく投稿を復活できるようになりました。

さて、7月14日道の駅(仮称)田切の里の起工式がありまして、議員としてご招待を受け、出席いたしました。

田切地区の皆様の夢を乗せ起工し、年度内に完成、準備期間を経て来年8月オープンを目指すとのことです。

私ども「町手打ち蕎麦の会」もかかわる手打ち蕎麦コーナーも予定されており、道場ななくぼも連携し、蕎麦の里づくりを目指してまいります。

 

道の駅パース図2

道の駅パース図

 

起工式であいさつする高坂町長

起工式であいさつする高坂町長

現場の状況 駒ヶ根市は右へ

現場の状況
駒ヶ根市は右へ

サウナ状態のテントの中ので神事

サウナ状態のテントの中ので神事

公開日2015/07/16
おりやま誠

七久保地区各種団体役員交流会26.6.14

 

260614団体役員交流会

6月14日七久保地区の各種団体役員交流会が開催され、出席しました。

区会・自治会・公民館・消防団・学校・商工会・など等、100名近い皆さんが出席しての懇談会でした。

はじめに、それぞれの団体の活動報告やそれぞれ団体役員の自己紹介があり、あらためて大勢の皆さんが地域づくりに関わっていることを実感しました。

短い時間ではありましたが、出席者全員が懇親を深め、絆を結び有意義な時間を過ごしました。

おりやま誠

 

 

公開日2014/07/14・更新日2014/07/23
おりやま誠

七久保小学校運動会5月31日

260531七小リレー

5月31日七久保小学校の運動会に出席しました。

これまで運動会は秋と決まっているように思いましたが、年々猛暑の影響を受け、気温の低いこの次期にと町内全校が一斉にこの日としたようです。しかしながら、暑い一日となりました。

写真は、低学年の空手の生徒が、選手で出場していて、バトンを受け取る場面で夢中でシャッターを押しました。

今年の運動会で心に残ったのは、騎馬戦で大将どうしの決戦までもつれ込んだ種目でした。赤組白組の名誉をかけて懸命に戦う姿は見ごたえがありましたが、何より激しい戦いを終えて敗戦となった大将が、悔し涙を流し、友達が慰めている風景には来賓席にいた多くの方が感動していたように思いました。人数は年々少なくなっているように思いますが、先生と生徒、保護者や家族、地域の皆様が一体となって盛り上がった良い運動会でした。

おりやま誠

公開日2014/07/13
おりやま誠

まちづくり懇談会七久保地区へ出席しました。

2014-05-27 

5月26日午後7時開会

おりやま誠です。 七久保地区まちづくり懇談会に出席しました。区会議員の皆さんのご配慮で椅子が出されており、足がしびれることもなく良かったです。写真は開会あいさつをする伊藤地域づくり委員会長(七久保区長)さんです。

 172

会議の冒頭、新しい飯島町の歌”いいねいいじま”のプロモーション映像が流されました。

歌の前後に序章終章があり、飯島中学合唱隊のすばらしい歌声と橋幸夫さんの歌がうまく構成され、また背景は飯島の四季折々の風景や行事が美しく飾っていました。

希望があれば地域へ出向いて放映するそうですので、まちづくり推進室まで申し出てください。

 

懇談会には町から、町長以下理事者・全課長・町づくり推進室職員・地域おこし協力隊員3名が出席し、町の主な動向や平成26年度の予算概要が説明されました。

懇談会では

〇今後まちおこしソングをどのように活用するか。(振り付けをして講習会の開催など地域への普及をすすめていく。)

〇防災訓練のありかた

〇有事に活用する個人の井戸水の水質検査の支援

〇有事に際して、避難場所のB&Gの鍵が町にしかないのはいかがか。

〇地域と町の防災訓練の時間があわなかった。早い時期に町政会議を

〇防災無線の放送について、七久保区が七久保地区へ放送できないか。(今のシステムではできないが、町からは放送できる)

〇町税の滞納額と対応は(およそ7千万円余 悪質なものは差し押さえもしている。困難な案件は県の整理機構へ委託して対応

〇山林を水資源としてとらえ、各種届出を徹底するなど保全に力を入れられたい。

〇七久保診療所医師の高齢化により地域医療の将来が心配(医師確保に最善を尽くしている)

〇昭和病院の医師や看護師の対応が悪い。(内部では努力しているが、カルテの電子化により職員がなれないために入力のためパソコンに向かう時間が長く馴れるまで大目にみてほしい。

〇北街道3号線・荒田線を早期に完成してほしい。また、JR踏切の拡幅改良をすすめてほしい。(JRの踏み切り拡幅は踏み切りの閉鎖を求められ日本中が困難な状況。国会議員による働きかけをしたがだめだった)

〇道の駅に大規模な井戸と防災倉庫を建設する計画があったがすすんでいるか。

などなどの質問がでました。

8時50分に時間となり懇談会は終了しましたが、地域と町の意思疎通はできたように思います。

私の印象としては、もう少し説明時間を割愛し、住民懇談に時間をかけたほうが良い気がしましたが、町長も皆様にお伝えしたい思いが強いようで中々時間がかかります。

来年は多くの地域の皆様が忌憚の無い意見を直接町へ発言されれるように期待します。

 

 

公開日2014/05/27
おりやま誠

町議会議員 おりやま誠(まこと)

折山誠 おりやま誠の公式ホームページへおこしいただきありがとうございます。
このホームページは、飯島町町議会議員”おりやま誠”の議員活動の公表はもとより、飯島町の魅力を情報発信し、時には抱える悩みもお伝えしてまいりたいと思います

ごあいさつ

折山議員へ、メールする。

最近の投稿

カテゴリ

相互リンク

サイト内検索

メンバー

ログインしていません。